ホーム  |  イケガクのご案内  | アクセスマップ

 
↓インターネットショッピングページ↓

このコーナーは現在イタリアでマンドリン奏者として活躍されている西山みきさんのお便りを掲載致します。

イタリアで活躍される彼女の最新のエッセイで、皆様にマンドリン発祥の地イタリアの情景を
思い浮かべていただければ何よりです。

不定期な掲載とはなりますが、随時更新致しますので
「ガイドブックには載っていないイタリア」をこれからご紹介させていただきます


~西山みきプロフィール~


ウーゴ・オルランディ氏と西山みきさん

 


1971
年生まれ。4歳でピアノ、6歳からソルフェージュを学ぶ。琴やフルートの指導を受けつつ、中学で出会ったマンドリンを独学、法政大学時代はマンドリン部に所属。
1996
年渡伊、イタリア、パドヴァコンセルヴァトーリオ(国立音楽院)マンドリン科入学。1998年イタリア政府給費奨学生認定。在学中よりイ=ソリスティ=ヴェネティ(ヴェネツィア合奏団)、アカデミア・ディ・サンロッコなどの室内楽団と協演するほか、ウルビーノ国際古楽器セミナーなど、数々のマスターコースに参加。
2001
年同音楽院同科を最高点で卒業(ディプロマ、日本人として2人目)、同年9月、アーラ市国際マンドリンコンクールでデュオ、クワルテットの両部門において第1位獲得。
渡伊直後より、マンドリン・ギターオーケストラ“Citta di Brescia”に参加、主にソリストとして活躍し、ヨーロッパのみならずアメリカにも遠征。
2006
年、コンセルヴァトーリオの改革に伴い、パドヴァ国立音楽院マンドリン科のラウレア(学士資格)を最高点とローデ(賛辞)で終了。同年、マンドリンクワルテット、レ=スピッツィケを組織、イタリア各地で盛んに活動し、ミラノ・シネライブラリー、RADIO2などのラジオ放送、イタリア国営放送RAIにも取りあげられた。また、ミラノのポルディ=ペッツォーリ美術館と王宮において1700年代に製作されたイタリア式プサルテリウムを演奏し、同地の有力紙、ラ・レプッブリカやRAIに取材を受ける。
2009
年、ブレーシャのコンセルヴァトーリオのピアノ科を、シプリアン・カザリス氏のマスターコースなどに参加しつつ、審査員満場一致の最高点とローデで卒業。
2010
年に設立されたマンドリンオーケストラ、“Armonie in pizzico” 創設メンバーの一人、芸術監督を担当。ギタリスト、ピアニストとのデュオ、管弦楽との室内音楽など、様々な形態でイタリア各地でコンサート活動を行いつつ、後進の指導にも力を注いでいる。

 

 

New
2015年2月27日

2014年6月24日

2014年6月4日

2013年5月31日

2013年5月30日

2013年5月23日

2013年4月18日

2013年4月14日

2013年3月12日


2012年8月24日

2012年8月21日

2012年8月10日

2012年7月4日

2012年6月16日

2012年5月14日

2012年5月7日

2012年1月17日


2011年11月19日

2011年11月6日

2011年11月5

2011年10月20

2009年12月24日

2009年10月10日

2009年6月29日

2009年5月11日


2009年4月22

2009年3月14


2009年2月9

2009年1月7

2008年12月2日

2008年10月31日


2008年10月13日

2007年7月14

2007年5月7

2007年3月23

2007年1月②

2007年1月①

2006年12

2006年8月6

2005年11月25


2005年8月2


2005年6月30

2005年5月27

2005年3月20

2003
年3月13


2003年1月15

2002年10月31

2002年9月19

2002年8月6


2015.2月27日

7月2日(木)~5(日)までモデナ近郊のガイアート・ディ・パヴッロにてマンドリンとギターの夏季講習を行います。森林に囲まれた施設で、家族連れで来てリラックスしながら、個人指導、合奏指導が受けられます。最終日には参加者によるコンサートがあります。(講習+滞在費用€210)講師はマンドリン・西山みき ギター・ロベルト=メランゴラ、です。
ご希望の方がいましたら是非、お知らせ下さい! 勿論、日本語で指導・通訳いたします!

Un Campus Estivo di Mandolino e Chitarra da giovedì 2 a domenica 5 luglio 2015 presso Centro Tabor a Gaiato di Pavullo. Il costo del Campus è €210 in tutto(compreso il soggiorno),è aperto a chiunque sia interessato!!(può portare anche la famiglia) Durante il campus si svolgeranno lezioni individuali e d'insieme,e il concerto finale.Sarà un'occasione unica per stare insieme condividendo la musica e la vacanza con la famiglia. Docente di mandolino Miki Nishiyama,chitarra Roberto Melangola. Aspetto numerosi!!!!!



▲Page Top


2014.6月4日

ドイツのフェスティバルのあと落合さんとイケガクの堀ノ江さんが訪ねに来て下さいました!
今日は私の敬愛するマンドリン製作家のリッツィ氏のもとへ。

Dopo Euro Festival sono venuti a trovarci i due amici : Sig,Ochiai(liutaio che ha costruito il mio primo strumento serio) e Sig.Horinoe(ci conosciamo da ormai 20 anni!!).Oggi eravamo dal mio stimatissimo liutaio Tiziano Rizzi e sua stimatissimissima moglie.




▲Page Top


2014.6月4日

23日から8日間、日本から指揮者・作曲家の有賀敏文氏が来伊してました。来年4月には名古屋の南谷さんのオケ・デルフィー二・ドーロとうちのアルモニエ・イン・ピッツィコとのジョイントコンサート予定で、有賀さんがご自身の曲を一曲指揮されます。

Dal 23/5 per 8 gg era in visita il Sig,T.Ariga,direttore e compositore dell'orch. Aprile dell'anno prossimo avremo un concerto con l'orch giappo qui a Brescia,lui dirigerà un suo brano...




▲Page Top


2013.5月31日

全ての日程を終えて、明日、帰国の途につく有賀さん。若い頃はN響、東京フィルを振ってた事もあるんだとか。イタリアで音楽、芸術、美術、そして食文化も満喫できたと、とても喜んで下さいました。別れ際、「おいしいもの沢山ご馳走になったけど、あなたの作ってくれたおにぎりが一番おいしかった!」と涙ぐんでました。(もっと作ってあげたらよかった!)
川越でうな丼食べる約束してお別れしました。


▲Page Top


2013.5月30日

5/19の新聞より。Armonie in pizzico(オケ)の写真選んでくれたらよかったのに…


▲Page Top


2013.5月23日

うちのオケ・アルモニエのコンサートに参加すべく、はるばる日本からやってきた有賀敏文さん、77歳にして一人旅、まだまだ知りたいこともやりたいことも盛り沢山。何年後かのプロジェクトも頭にいっぱい・・・すごいなあ、こんな風に年取れたらいいな~。

▲Page Top


2013.4月18日

去年、好評でしたので、今年も7月5日から7日までブレーシャのサン・クリスト教会にてマンドリンとギターの講習会を行います。
旅行も兼ねて、本場イタリアの雰囲気を味わいたい方、大歓迎です

※講習会参加ご希望の方は、イケガクまで(E-mail:info@ikegaku.co.jp)お問い合わせください。
  イケガクまたは西山さんより、詳細をご連絡させて頂きます。


▲Page Top


2013.4月14

フォルテピアノ:チェンバロより更に軽い。モーツァルトなんかの時代の物はこれだとラクちん!
フンメルのGrande sonataはマンドリンなんかより伴奏の方がはるかに難しいけど、なるほど、これなら弾ける!!
61鍵で充分足りるし。(嬉)






▲Page Top


2013.3月12

3月9日、クレモナにて。洗練された奏者たちと幸せなひと時でした。



▲Page Top


2012.8月24

10月のコンサートのための初合わせで、共演するピアニストの自宅のあるヴァレンナへ行ってきました。コモ湖がすぐ目の前です。ここ数日Bresciaは40度近い猛暑日。湖水地方はさすがに涼しかった!






▲Page Top


2012.8月21

8月16日から18日まで、Bresciaでマンドリンとギターの講習会を行いました。大変暑い中、各地から参加者が集まって、内容の濃い三日間となりました。お昼休みを利用して、Brescia市内の写真も、観光客のふりをして撮ってきたので、一緒に掲載します(笑)。次回は、日本からの参加者も待ってます!


ムゼオ通り これをまっすぐ行くと左手にローマ時代のカピトリーノ神殿が見えてきます。


余談ですが、この小路をまっすぐ行くと私が日本語を受け持っている高校につきます。



会場となったサン・クリスト教会入り口。参加者はマンドリン12人、ギター5人でした。


教会内部。フレスコ画で埋め尽くされていて、圧巻です。


教会中回廊。午後はここで全員、合奏の練習。


高台の教会から臨むブレーシャ市街


ブレーシャ市街その2 あちらに見えるのはDuomoと旧市庁舎。写真の下のほうには観光客が気づかないけど、円形劇場があります。


参加者最年少、12歳!


最終日、講習終了後の参加者によるコンサート。Duoがあり…


Trioあり…


ソロもあり…


はたまたQuintettoもあり。


最後は皆で演奏…って、全員写真に納まりきってない…。


打ち上げはピザとビールで!(食べるのに集中、写真撮り忘れ)


▲Page Top


2012.8月10

帰伊して早々、新しいグループとの録音作業がありました。ほとんど初見で、初あわせ。クラシックからちょっと浮気して、今回はちょっとジャズ風(?)。
Sabtaという、アコーディオン、ヴィブラフォン、パーカッション、ベースとマンドリンの、不思議な組み合わせのグループです。皆、即興でどんどん真似できないくらい弾けちゃう人ばっかりです。なかでも、セネガル人のDuduのパーカッションは凄い! 何回かで譜面ばっちり覚えて、全て即興。使ってる打楽器は全てアフリカのもので、なかには1メートル近いさやいんげん(!?)を乾燥させて、そのまま楽器として用いてる物とか。こんな豆が育つ木って、一体どれだけでっかいんだ、そして、そんな木がある国って???…ジャックの豆の木ってこういうのだったかもしれないですね。因みに、これだけの大きさのいんげんは、家畜の餌にしかならないそうです。



▲Page Top


2012.7月4

ちょっと先の、しかも遠いところの話になりますが、8月16日から18日の三日間、Bresciaのサン・クリスト教会にてマンドリンとギターのマスタークラスを開催します。

講師
・ギター:アレッサンドロ=ボーノ
・マンドリン:西山みき

サン・クリスト教会 Via Piamarta 9 Brescia

音楽院生、音楽院卒業生以外に、アマチュアの方も対象にしています。
旅行で北イタリアにいらっしゃる方、興味がありましたら是非お立ち寄り下さい。

▲Page Top


2012.6月16

今年は1月から、日本の友人の嬉しい訪問が相次いでます。1月にはアンサンブル・アメデオの関由美子さんが再伊、まだ冬にしては暖かかった時期に数日間、 北イタリアのマンドリンに関する催し物、お友達を訪問なさいました。我々のArmonie in pizzicoの練習にも参加!練習後のいっぱいにもお付き合いいただきました。
これまで何度もイタリアにはお見えになっていて、さすがにイタリア語も完璧!熱心さに頭が下がります。


4月にはドイツに留学中の堀さんがBresciaに尋ねて下さいました。聞けば、これまで3度ほどニアミスしていたようです。たったの二日間でしたが、全然時間が足りないくらいマンドリン談義に花が咲き、姉弟関係を結んで名残惜しくお別れしました。

さて、今年も7月6日に帰国します。帰国中、個人や団体の出張レッスンなど、4年ぶりに行うつもりでおりますので、興味のある方、お早めにお声をおかけ下さい!

▲Page Top


2012.514

本日五月です。イタリアの一番きれいな季節になりました。ポピーの赤い花があちこちで咲きます。



▲Page Top


2012.5月7













ピアニストの友人と新しく結成したアイディンデュオといいます。
ここに揚げたのはハンス・ガルのパルティータです。


▲Page Top


2012.117

本日午前11時のBrescia、マイナス4度。前夜の濃霧が夜中に凍りつき、日中雪のように舞ってました。



まだ11月の話ですが、チェンバリストのバイブル、クープランの L'art de toucher le clavecinを読んでいてふと思ったことがありました。

「(生徒のレッスン中)チェンバロの上に小さな鏡を置いて、演奏中にみっともない顔になっていないかチェックさせる」・・・思わずぷっと笑ってしまったの ですが、よく考えてみれば、その当時の演奏は主に宮廷で行われたので、そうすると、演奏スタイルも優雅であることが求められたわけです。

Youtube
などで今は様々な演奏が即聞けますが、思えば、マンドリニストで「優雅に」演奏してる人って案外少ないんです。他の楽器奏者に比べて姿勢が 悪かったり、歯軋りしていたり、音楽と関係なく体が揺れていたり・・・背中にこぶを作ってまで弾いている人を見ると、聴いているだけでこちらも力が入って しまいます。なんて思いつつ、自分の演奏姿勢も鏡に映してみようと思う西山でした。


▲Page Top


Copyright © ikegaku 2004- All rights Reserved